2017年05月19日

平成29年1月から海外居住者も、国民年金基金に加入できるよう改正へ

先日久しぶりに国民年金基金連合会のウェブサイトを見ていたら、「平成29年1月から海外に居住されている方で国民年金に任意加入されている方も国民年金基金に加入できるようになりました」と題した、次のようなお知らせが記載されておりました。

『国民年金基金は、これまで日本国内に住所を有し、国民年金の保険料を納めている20歳以上60歳未満の方および60歳以上65歳未満で国民年金に任意加入されている方が加入できる制度でしたが、平成29年1 月から、海外に居住されており国民年金に任意加入されている方も国民年金基金に加入できるようになりました。

【ご注意いただきたいこと】
○原則として国内協力者(配偶者、子、父母、兄弟姉妹など)を指定いただき、本人に代わって諸手続をおこなっていただきます。 ※国内協力者がいない場合は、基金にお問合せください。

○掛金は、ご指定の金融機関(基金が指定する金融機関の国内に開設している預貯金口座)から口座振替にて納付いただくこととなります。なお、国民年金保険料と基金の掛金を合算して納付いただくことはできません。

○加入の手続や保険料納付方法などの詳細につきましては、最後に住所を有していた都道府県の国民年金基金又は加入していた職能型の国民年金基金にお問合せ下さい。

○基金ご加入後にご自分の都合で任意に脱退及び中途解約することはできません』

以上のようになりますが、要するに平成29年(2017年)1月から、海外居住者であっても、国民年金に任意加入していれば、国民年金基金に加入できるよう、改正されたというものです。

国民年金基金は自営業やフリーランスなどの、国民年金の第1号被保険者が利用できる制度です。

つまり国民年金の第2号被保険者である会社員や公務員、国民年金の第3号被保険者である専業主婦などは、加入資格がありません。

また国民年金の第1号被保険者であっても、国民年金の保険料をきちんと納付している方でないと、加入資格がありません。

もちろん国民年金の保険料を納付しないのは違法なのですが、合法的に保険を納付していない方もおり、それは例えば海外居住者です。

その理由として国民年金に強制加入しなければならないのは、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の者になるため、海外に居住すると国民年金に加入しなくても良いからです。

ただ保険料を納付しないと、原則65歳から支給される老齢基礎年金を受給できなくなったり、その金額が少なくなったりするので、1月18日のブログに記載しましたように、国民年金に任意加入して、保険料を納付できます。

冒頭に記載したお知らせは、海外に居住していても、このように国民年金に任意加入している方であれば、国民年金基金に加入できるようになったというものです。

国民年金は海外に居住している場合の他に、次のように60歳から70歳になるまで、任意加入できる制度があります。

■60歳から65歳になるまで任意加入できる制度
普通の任意加入制度(1月8日のブログを参照)

■65歳から70歳になるまで任意加入できる制度
特例の任意加入制度(1月10日のブログを参照)

このうちの普通の任意加入制度を利用して、国民年金に任意加入している方は、9月4日のブログに記載しましたように、平成25年(2013年)4月から、国民年金基金に加入できるようになっております。

そうなると今回の改正によって、更に国民年金基金に加入しやすくなったというわけです。

ところで日銀が平成28年(2016年)1月に、マイナス金利政策を導入してから、貯蓄型の生命保険(終身保険、養老保険、個人年金保険、学資保険など)の保険料が、大幅に値上げされております。

国民年金基金もこれらと同様に、5年毎に実施される「財政再計算」で予定利率などが見直しされて、平成31年(2019年)4月から、掛金が値上げされると予想しております。

この影響による新規加入者の減少を防ぐには、海外居住者に対する加入資格の拡大くらいでは効果が薄いので、国民年金の第3号被保険者である専業主婦に対する加入資格の拡大など、もっと大胆な改正を実施すべきだと思うのです。

平成29年(2017年)1月から専業主婦であっても、確定拠出年金(個人型)に加入できるようになっているので、まったくありえない話ではないはずです。
posted by FPきむ at 20:18 | 国民年金基金で自分年金を作る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

年金のためにやるべき事は誰もがわかっていて、後は行動するだけである

平成29年(2017年)4月26日の朝日新聞デジタルを読んでいたら、「年金受給開始、70歳後も選択肢に」 自民PT提言へと題した記事が掲載されておりましたが、一部を紹介すると次のようになります。

『公的年金の受給開始年齢を70歳より後にも選択でき、その分受給額を増やせる仕組みの導入を、自民党のプロジェクトチーム(PT、座長・片山さつき政調会長代理)が政府への提言案に盛り込むことが分かった。

PTは超高齢化社会に備える政策を議論しており、元気で働ける高齢者に長く働いてもらうよう促す狙いだ。

年金の受給が始まる年齢は原則65歳だが、今の制度でも60〜70歳までの間で選ぶことができる。

早く受給すれば65歳で受給するのに比べて最大30%減額、遅いと最大42%増える仕組みで、今回の提言ではこの上限年齢を広げて70歳以降を選んでも受給額が増える制度の導入を求めた』

以上のようになりますが、老齢基礎年金や老齢厚生年金などの老齢年金の支給開始は、原則として65歳からになっております。

この支給開始を1ヶ月繰下げる(遅くする)ごとに、0.7%の割合で増額していきます。

ただ繰下げできるのは70歳までなので、受給額の増額は「5年×12ヶ月×0.7%=42%」が限度です。

この制度は「繰下げ支給」と呼ばれるものであり、詳細については次のようなページを参照して下さい。

・老齢基礎年金の繰下げ(8月17日のブログを参照)

・老齢厚生年金の繰下げ(8月20日のブログを参照)

この記事によると自民党のプロジェクトチームは、70歳以降も繰下げを続けると、更に受給額が増額する仕組みを作るよう、政府に提言していくようです。

その理由について考えてみると、強制的に老齢年金の支給開始年齢を引き上げすると、国民から反発を受けます。

そこで繰下げ支給の拡充という、鼻先に人参をぶら下げる政策によって、国民が自主的に老齢年金の支給開始を引き上げするよう、誘導していくのだと思います。

ところでこの提言と同じような内容の改正案は、5月14日のブログに記載しましたように、今から約3年前の田村憲久厚生労働大臣の時代に、すでに議論されております。

当時はマスコミが誤解した、もしくはわざと間違え、「厚生労働省は老齢年金の支給開始年齢を75歳にするつもりだ」と報道したため、国民から大きな反発を受けました。

そのため繰下げ支給を75歳まで延長する案は、いつの間にか消えてしまったのですが、この記事に掲載されているように、自民党のプロジェクトチームによって復活しました。

このように年金に関する改正案が新たに出てきたと思ったら、すでに政府関係者によって議論されていたという事は、よくある話なのです。

例えば平成26年(2014年)3月19日に行われた、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議において、安倍総理が配偶者控除の縮小や廃止を検討するよう指示したため、国民年金の第3号被保険者の縮小や廃止も検討されるのではないと、マスコミが報道しました。

しかし第3号被保険者の縮小や廃止については、平成12年(2000年)7月に厚生労働省に設置された、「女性のライフスタイルの変化等に対応した年金の在り方に関する検討会」ですでに議論され、次のようないくつかの選択肢が示されております。

■年金権分割案
会社員や公務員などの、国民年金の第2号被保険者が納付した保険料の半分は、その配偶者である第3号被保険者が納付したと見なす案です。

この案を採用すると実質的な負担は増えないのですが、形式的には第3号被保険者に対して、新たな負担を課した事になります。

■負担調整案
第3号被保険者に対して、保険料などの実質的な負担を求める案です。

■給付調整案
第3号被保険者に対して、保険料の負担は求めないけれども、国民年金の保険料の納付を免除された方と同じように、受給額を減額するという案です。

■第3号被保険者縮小案
当面は第3号被保険者の制度を維持しつつ、例えば社会保険(健康保険、厚生年金保険)の適用拡大により、その対象者を縮小していく案です。

以上のようになりますが、繰下げ支給の拡充、第3号被保険者の縮小や廃止からわかるように、年金制度を持続するために必要な改正案は、すでに出し尽くしているため、特に目新しいものは出てこず、かつ議論もされております。

そのため政治家の方は、年金制度を持続するために必要な事を、十分にわかっており、後はそれを実行に移すという、行動をするだけなのです。

行動が必要なのは国民も同じで、受給できる年金額が減っていき、それを補う老後資金の準備をしないと、定年後の生活が大変になるとわかっているのに、何かしらの準備をするという行動を、先延ばししているのです。

内閣府の調査によると、7月7日のブログに記載しましたように、日本の4割超は老後の経済的な備えを、特に何もしておりません

このように年金のためにやるべき事は、政治家も国民も十分にわかっていて、後はそれを実行に移すという、行動をするだけだと思います。
posted by FPきむ at 20:19 | 年金について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする