2019年11月02日

チュートリアル徳井さんの社会保険未加入は、単純なようで謎が多い問題

令和元年(2019年)10月26日のサンスポを読んでいたら、チュート徳井、16年に銀行預金差し押さえ 社会保険にも未加入と題した、次のような記事が掲載されておりました。

『お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)の個人会社が東京国税局に計約1億2000万円の申告漏れを指摘された問題で、徳井が所属する吉本興業は26日、徳井が当面の間、芸能活動を自粛すると発表した。本人が事務所に申し入れたという。

徳井は「世間の皆様に不信感を与えてしまい、誠に申し訳ございませんでした。あらためて納税に対する意識、仕事のこと、自分自身のこと、しっかりと見つめ直していきたいと思っております」とのコメントを出した。

また吉本興業は同日、申告漏れに関する追加報告を公表。個人会社は2009年に設立されたが、毎年の期限内に申告を行わず、税務署の指摘を受けて12年と15年にそれぞれ3年分をまとめて申告。

しかし申告後も未納が続き、16年には銀行預金を差し押さえられた。同社は社会保険にも加入していなかったという。

吉本興業によると、18年までの7年間で、個人会社の申告漏れ額は約1億1800万円で、他に経費として認められなかった額が約2000万円に上った。これらの分の追徴税額で約3700万円を納付したという』

以上のようになりますが、この記事はチュートリアル徳井さんに関する、所得の申告漏れ問題と、社会保険(健康保険、厚生年金保険)の未加入問題について、取り扱ったものになります。

ここまで長期間に渡って、所得の申告漏れを続けたケースは、かなり珍しいと考えられるので、税金や社会保険について学びたいという方の、良い教材になると思いました。

実際のところ税金について解説したブログや、ユーチューブの動画などを見てみると、これらの問題を取り扱っている方は多いようです。

徳井さんにとっては不名誉な事だと思いますが、芸人さんですから「いじられておいしい」とプラスに捉え、この難局を乗り切って欲しいと思います。

ところで所得の申告漏れ問題の話を聞いて、最初に疑問を感じたのは、徳井さんの年収です。

3年間で約1億2,000万円の申告漏れがあったのだから、徳井さんの年収は「約1億2,000万円÷3」により、約4,000万円だと推測している方がおりました。

ただ冒頭の記事を読んでみると、この約1億2,000万円というのは、「年収−経費」で算出される所得と考えられます。

ですから年収は約4,000万円より、経費の分だけ多くなり、ある税理士さんのブログの記事を見ていたら、約6,000万円〜約7,000万円ではないかと推測しておりました。

もっともこの約1億2,000万円は、徳井さんの所得ではなく、この方が設立した個人会社(チューリップ)の所得です。

吉本興業などからのギャラは個人会社が受け取り、徳井さんはこの個人会社から、役員報酬を受け取っていたと思いますが、原則として役員報酬の金額は自由に設定できます。

しかも個人会社の役員は、徳井さんだけだったようなので、高額の役員報酬を設定できるのです。

ただ法人登記簿を調べてみたら、個人会社の事業内容の欄には、「飲食店の経営及びコンサルタント業」などと記載されていたそうなので、飲食店の開業資金を蓄えるために、役員報酬を低く抑えていた可能性もあるのです。

いずれにしろ正確な年収を外部の人間が推測するのは、不可能と考えた方が良さそうです。

もうひとつの社会保険の未加入問題でも、疑問を感じた事があり、それを列挙すると次のようになります。

・国税局は銀行預金を差し押さえて、滞納していた税金を強制徴収したのに、なぜ日本年金機構は社会保険料を強制徴収しなかったのか?

・徳井さんだけでなく、約9年間にも渡って未加入を放置してきた日本年金機構にも、問題があるのではないか?

・税金と保険料を一括して徴収する「歳入庁」が創設されていれば、社会保険料も一緒に徴収できたと思うのだが、この案はどうなったのか?

・正当な理由がないのに、社会保険に加入しないでいると、6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられる場合があるが、今回はどうなったのか?

・社会保険に加入しない場合、国民健康保険と国民年金に加入するが、これらの保険料は、きちんと納付していたのか?(電気代やガス代の支払いを忘れ、何度も止められていたという情報があるので、これらの保険料も滞納していた可能性がある)

・国民健康保険の保険料の滞納が続くと、保険証の代わりに、「短期被保険者証(有効期限が短い保険証)」や、「被保険者資格証明書(診療費の全額を支払い、後で7〜8割の還付を受ける)」が、交付される場合があるが、徳井さんは保険証を持っていたのか?

以上のようになりますが、このように社会保険の未加入問題に関して、疑問に感じる事は非常に多いのです。

しかし吉本興業が作成した報告書を読んでみると、「チューリップ社及び徳井個人の社会保険料の納付状況ですが、2009年の法人設立時に社会保険の加入手続きをしていない状況が続いておりました。速やかに加入手続きをいたします」と、とても簡単に済ませております。

もしこれで終わりだとしたら、闇営業の問題と同じように、すっきりしない幕引きになりそうです。
posted by FPきむ at 20:47 | 年金について思うこと、考えること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする